薬事承認脱毛機器を使用!リアラクリニック

 

永久脱毛について

かつて「永久脱毛」といえば、針脱毛のことを差していましたが、現在は医療レーザーを使った施術のほうが「永久脱毛」として一般的になりました。

針脱毛とレーザー脱毛の違いは、こちらのページをご覧ください。

医療レーザーと絶縁針

 

いわゆる「脱毛サロン」とか「脱毛エステ」と呼ばれている施設で受けるレーザー施術は、永久脱毛ではありません。

残念なことに、ネットで見かける多くのサイトでは「永久脱毛サロンランキング」と称してミュゼプラチナムやキレイモなどのサロンを紹介していることがあるようですが、サロンでの施術は「永久脱毛」ではありませんので、宣伝文句や価格の安さに踊らされないようご注意ください。

 

もう少し具体的にお話しますと、サロンでもクリニックでもレーザーを当てて毛が生えてくる毛乳頭を破壊するという原理は同じですが、レーザーを受けた後の毛の再生率が大きく違うのです。

一般的には「50年以上毛が生えてこなかったら、永久脱毛」と言われているようですが、この一般論を逆手にとって、「50年後の検証された実例がないから、医療レーザーの施術を受けた人が、永久に毛が生えてこないとは限らない」とか、「サロンでの施術も、50年後に生えてこないかもしれないから『永久』かもしれない」などという理由で、サロンでの脱毛を「永久」だと言う人も多いようです。

しかしながら、医学的にはきちんと「永久」の定義が定められています。

 

たとえば、米国の電気脱毛協会では「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下」であることが永久脱毛の定義とされています。

日本では、医学的には最終照射後6ヶ月経過した時点で発毛が見られなければ「永久脱毛」とみなされています。

そのため、厳密に言うとこれらの基準に達しないもの、毛の再生率が医学的に定めた基準よりも高いものは「永久脱毛」と呼ぶことはできません。

 

また、医療レーザーのほうが毛の再生率が低いということは、それだけ医療レーザーの出力が高いということになります。その分、サロンで受けるよりも痛みが強く出やすいと言われています。

しかしながら、これもレーザー機器の種類によって変わりますし、クリニックによっては痛みを和らげる麻酔を使ってくれるところもありますので、それほど大きな問題にはなりません。針・フラッシュレーザー・医療レーザーの全てを受けたことのある私の感想としては、針が一番痛くて、医療レーザーの痛さは部位によります。VIOとか、脛や首といった皮膚の薄い部分は痛みを強く感じましたが、涙を堪えるほどの痛みというわけではありませんでした。

 

 

サロンでの施術について考えてみると、「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」など、サロンによって呼び方は異なりますが、サロンで施術を受けることによって毛がウブ毛のように細くなったり、毛が生えにくくなったりしますので、ムダ毛のお手入れが楽になることは事実です。

しかし、個人的な経験から、これも部位によって違うと思います。脛など毛が細い箇所では毛が生えにくくなりましたが、VIOはフラッシュレーザーを5回受けても剛毛のままで、毛量が減ったようには感じませんでした。

 

サロンでの施術についてまとめると、ムダ毛のお手入れが楽になりますが、毛の再生率が医療レーザーよりも高く、「永久に毛が生えてこない」という保障があるわけではありません。そのため、サロンに通ってみたものの、「最初から永久脱毛にすれば良かった」と感じる方も多いそうです。 (私もその一人です)

 

サロンではお得なキャンペーンを頻繁に行っているため、比較的安価で施術を受けることができます。

しかし、施術を受けた後で「やっぱり毛穴レスなお肌がいい」、「ウブ毛が生えているのも嫌」という感想をもつ人が多いのも事実ですから、申し込む前に「どんなカラダに自分はなりたいのか?」、「どの程度なら毛が生えてきても許容できるか?」といったことをよく考えてから、お値段重視でサロンに申し込むか、毛の再生率の低い医療レーザーを使うクリニックに申し込むか、お決めになると良いのではないでしょうか。

 

当サイトのお勧めは、リゼクリニックです。

永久脱毛は3~5回の照射が必要だと言われていますが、できれば5回は施術しておきたいところです。照射5回分の料金で考えるとリゼクリニックがお得です。

また、お肌の状態によって3種類のレーザー照射器を使い分けてくれることも、初めて脱毛する方も安心して受けることができることでしょう。

カウンセリングも無料で受けられますので、不安のある方はカウンセリングで詳しい話を聞いてみましょう。

 

【プロフィール】

管理人のナナです。

針脱毛から医療レーザーまで、さまざまな脱毛を試しました。

詳しいプロフィールは、こちらをご覧ください。

 

【カテゴリ】

 

【広告】

 
© 2020 永久脱毛 rss